株式会社アゲンストの代表取締役 藤田 達也が伝えたい思い「自分自身の壁を破り、世の中のために挑戦」

Interview

“日本の未来を創る本質的な気づきを”をテーマに発信しているFor JAPANプロジェクト。
代表インタビューを通して、テレビやYouTubeでは紹介し切れないお話を深掘りしていきます。
今回は、株式会社アゲンストの藤田 達也代表取締役にインタビューしました。

「自分自身の壁を破り、世の中のために挑戦」

東日本大震災を転機に、再生可能エネルギー開発に挑戦

私は現在、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの開発をしています。40代後半までは、全く畑違いである不動産業を営んでいました。転機が訪れたのは2011年の東日本大震災です。街が海に流されて多くの人々が亡くなる悲惨な状況に言葉を失いました。同時に「自分もいつかは死んでしまうんだ」と強く感じたことを今でも覚えています。

当時は原発事故も発生し、多くの方が辛い思いをされていました。何か自分にできることはないか考えていた際に頭によぎったのが、再生可能エネルギーの開発です。不動産業という職業柄、太陽光発電を設置するための土地探しなどに携わった経験があったのも理由の一つでした。50歳を目前にした新たな挑戦に、家族や友人も「何を言い出したんだ」と思っていたでしょう。しかし、 自分が死ぬ瞬間に「あのときもっとできることがあったはずなのに……」と後悔する生き方をしたくないと思い、再生可能エネルギー開発の道に進むことを決意しました。

うまくいかない理由は「自分本位」だったからと気付く

誰でもそうだと思いますが、新たなことを始めるときは順風満帆には進みません。私も実際に事業を始めてはみたものの、2年ぐらいは何をしても上手くいかない日々が続きました。

そんななか、58歳から新たな業界に挑戦したという方の存在を知り、直接お話を聞きに行きました。その方は今まで鉄鋼業をされていたそうですが、通信業へ転身し自社ビルまで建てたというのです。その話には大変勇気をもらいました。自分もこうしてはいられないと考えを巡らせた結果、「もしかしたら、自分は今まで自分本位な考えで生きていたのかもしれない」ということに気付きました。そこから日々の考え方が「自分のため」から「世の中のため」と、180度変わっていきました。 

「人のため」に意識を向けた途端に事業が好転

人は「自分のため」よりも「人のため」に働くほうが、力を発揮できるのではないかと思います。振り返ってみると、自分本位で生きてきたときには周囲からの助けも得られず、人生がうまく進んでいなかったように思います。どこか「自分や家族が生活できればそれでいい」という思いがあり、本当の意味で“本気”になりきれていなかったのでしょう。

「世の中の役に立つために事業を成功させよう」と本気で意識し始めてから、不思議と物事が好転していきました。たとえば、商売は「安く買って高く売る」が基本だと思いますが、私は真逆で、「相場より高く土地を買って、できるだけ安く売る」ようにしています。売る人と買う人どちらにも喜んでもらいたいためです。利益は少なくなりますが、「人のため」という意識で行動し続けていると、思わぬところでいい話が舞い込んでくることがあるので、不思議なものです。

もう一つ働く上で大切にしていることは、時間と約束を守ることです。仕事をする上で信頼関係の構築は大切です。以前商談で北海道に行った際、停電で電車が止まってしまったことがありました。時間に余裕を持って行動していたものの、これでは間に合わないと焦りました。しかし、商談相手はわざわざ自分のために時間を作ってくれているので、なんとか間に合わせようと千歳空港から札幌までタクシーで移動しました。もちろん天候や災害などの事情で間に合わない場合もありますが、常に自分ができる精一杯のことをするように心掛けています。

相手目線で愚直に信頼関係を構築した結果、地元の方が土地探しを協力してくれたり、投資家の方とご縁ができたりと多くの方の協力を得ることもでき、事業が前進していきました。

壁を乗り越えた先には違う景色が見える

最近は欲がない人が多い印象を受けます。若い方の中には「別に社長にはなりたくない」「失敗したくない」という考えをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。 しかし若いうちはさまざまなことに挑戦し、どんどん失敗をしたほうがよいと思います。成功と失敗は別々にあるわけではなく、2つを繰り返しながら前に進んでいくもの。私もそうですし、実績を残してきた方は必ずチャレンジをしています。そして、何かを新しいことを成し遂げようとしたときには、自分の常識を壊していくことも必要です。無難にやろうと思うと、それ以上の世界は見えません。確かに私たちが若い頃は今よりも自由な部分もありましたが、成功している社長さんは皆、「なんとかして自分の目標を達成したい」という熱い思いを抱いています。
成功するまでの道のりには、必ず壁にぶつかることがあります。しかし壁を乗り越えて初めて見える世界もあります。そして苦難を乗り越えたことが自分の糧となり、自信となるのです。私も多くの回り道をしながらここまでやってきました。ときには努力が報われずに不安を感じることもあるかもしれません。しかし諦めずやっていれば、今と違う世界が見えてくるはずなので、ぜひ自分のやりたいことにチャレンジしてほしいです。

会社概要

法人名:株式会社アゲンスト
代表者名:藤田 達也
企業ホームページ:https://www.against15.co.jp/
所在地:東京都足立区千住中居町28-3-306
事業内容:再生可能エネルギー・開発およびコンサルティング事業

For JAPANプロジェクトとは

For JAPANプロジェクトとは、10年後20年後の日本の未来の担い手である20代にむけて、日本の未来を創る”本質的な気づき”を。をテーマに様々なコンテンツを通し情報発信を行っています。 参画された【50人の社長】というレンズを通して、経験に基づく本質的な考え方や情報を学び、動き出すきっかけを与え”日本の未来を創るプロジェクト”全国放送『For JAPAN ‐日本の未来がココに‐』(BS11)や、YouTubeチャンネル『For JAPAN ‐日本の未来がココに‐』など様々なコンテンツで社長たちが徹底討論。

・番組見逃し配信: https://youtube.com/playlist?list=PLFv6b8aodEYWpP5pqGBlWMgNZh1pb9NW2
・Instagram:https://www.instagram.com/forjapanproject_official/
・Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100087877119759
・Twitter:https://twitter.com/forjapanproject
・TikTok:https://www.tiktok.com/@forjapanproject?_t=8djAJF0hjFf&_r=1