【第3弾】株式会社保健科学研究所の代表取締役社長 久川 聡が考える今後「『医療』『教育』『食』の事業を通して、心と体の豊かさを育む企業へ」

Interview

“日本の未来を創る本質的な気づきを”をテーマに発信しているFor JAPANプロジェクト。
代表インタビューを通して、テレビやYouTubeでは紹介し切れないお話を深掘りしていきます。
今回は、株式会社保健科学研究所の久川 聡 代表取締役社長にインタビューしました。

「『医療』『教育』『食』の事業を通して、心と体の豊かさを育む企業へ」

3本柱は「医療」「教育」「食」

保健科学研究所を含むグループ企業を統括する会社に、UNIVALEOがあります。そのMissonでは、「あらゆる人々が豊かで、笑顔あふれる社会の実現」を掲げています。ここでいう豊かさとは、心や体の豊かさであって、金銭的な豊かさではありません。心の豊かさは、自分で判断でき、選択できるということです。そんな心の豊かさを可能にするのは、「教育」です。私たちは、識字率を上げたり見聞を広めたりすることで、心の豊かな人を増やせると考えています。一方、体の豊かさとは、健康な体です。それを作るのは「食」であり、健康な状態を維持するのは「医療」になります。

ですから、私たちは「医療」「教育」「食」に貢献することで、人々に豊かさを提供したいと考えています。そんな想いで、「医療」「教育」「食」を3本の大きな柱としました。

医療には食や教育という土台が必要

私たちは、現在も保健科学研究所の主なビジネスである「臨床検査」という事業からスタートしました。ただ、事業が軌道に乗り成長する段階に入ったとき、日本という成熟した社会で積極的に事業を成長させられるかという点に疑問を持ちました。そこで、私たちは、これから医療が発展してくるであろう国に行ってみようと考えたのです。

これから医療が発展してくる国というのは、言い換えると新興国や後進国になります。そして、行ってみて気づいたのが、それらの国は医療どころの話ではないということでした。満足に食べることすらできないし、教育も受けられない状況だったのです。そういった状況では、医療の中でも臨床検査という「水や電気を大量に消費する機械を使って、検査をする事業」は、到底成り立ちません。そこで、私たちはまず食や教育をどうにかしなければならないと考えました。

人間は満足な食事と充実した教育があり、その上に医療があることで、健康な生活が送れるのです。私たちが「医療」「教育」「食」という大きな柱を立てたのは、世界的に問題になっている「貧困の問題を改善したいし、解決したい」という考えがあるからです。そこに我々が必要とされる存在でありたいとも考えていますね。

ベトナムで「医療」「教育」「食」の事業すべてを展開

現在日本では、臨床検査、健康診断、介護施設、ゴルフ練習場の経営といった医療・健康分野だけでなく、食肉用のダチョウを飼育するという食の分野も展開しています。

ベトナムでは、「医療」「教育」「食」の3本柱すべてを展開していますね。教育事業としては、モンテッソーリ教育を実践している幼稚園を、ベトナム全土で経営しています。その幼稚園では、英語や日本語、ベトナムのコースを作りました。国際性に富んだ幼稚園ですので、卒園したときにその受け皿がないといわれ、小学校を作り、さらにその小学校を卒業した子どもたちのために中学校・高校まで作っています。また、食育のために、自分たちで荒れた土地を買って開墾し、畑にして野菜を育てています。オーガニックフードを取り扱ったスーパーマーケットの経営もしていますね。医療分野では、クリニックや日本でやっているラボもオープンしました。

その他の国として、インドネシア、ミャンマー、シンガポールがありますが、それらの国では医療や臨床検査事業の展開がメインになります。

今後は後進国へ社会インフラを届けたい

将来のビジョンや夢としては、現在すでに成熟している社会へ何かを展開していくのではなく、社会インフラを整えるためのビジネスをしていきたいと考えています。つまり、東南アジアや中東、アフリカなど、食や教育がこれから成長する余地がある国を将来のターゲットにしていきたいと思っています。そして、現在はいろんな国で「医療」「教育」「食」というさまざまな事業を実施していますが、これらをうまく結びつけて、相乗効果を狙いたいと考えています。

会社概要

法人名:株式会社保健科学研究所
代表者名:久川 聡
企業ホームページ:https://www.hkk.co.jp/
所在地:神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町106番地
事業内容:臨床検査の受託業務(生化学的検査・血液学的検査・免疫学的検査・微生物学的検査・病理学的検査・遺伝子関連検査等)、環境検査(環境計量測定、飲料水の水質検査、食品検査、空気環境検査等)、予防医学関連サービス、介護サービスなど

For JAPANプロジェクトとは

For JAPANプロジェクトとは、10年後20年後の日本の未来の担い手である20代にむけて、日本の未来を創る”本質的な気づき”を。をテーマに様々なコンテンツを通し情報発信を行っています。 参画された【50人の社長】というレンズを通して、経験に基づく本質的な考え方や情報を学び、動き出すきっかけを与え”日本の未来を創るプロジェクト”全国放送『For JAPAN ‐日本の未来がココに‐』(BS11)や、YouTubeチャンネル『For JAPAN ‐日本の未来がココに‐』など様々なコンテンツで社長たちが徹底討論。

・番組見逃し配信: https://youtube.com/playlist?list=PLFv6b8aodEYWpP5pqGBlWMgNZh1pb9NW2
・Instagram   : https://www.instagram.com/forjapanproject_official/
・Facebook   : https://www.facebook.com/profile.php?id=100087877119759
・X(旧Twitter) : https://twitter.com/forjapanproject
・TikTok    : https://www.tiktok.com/@forjapanproject?_t=8djAJF0hjFf&_r=1